更年期による肩こり


「普段と比べて肩のこりや痛みがひどくなった」

「なかなか改善しなくなった」という方は

 

更年期による肩こりかもしれません。

 

 

以下のような症状(更年期症状)も当てはまりませんか?

 

●首から背中にかけてこりや痛みが広がった

●腰の痛みが強くなったり軽くなったりする

●頭が重い

●目が疲れやすい

●ふわふわしためまい

●耳鳴り

●のぼせ・ほてり

●顔は熱いのに手足は冷たい

●肌のかさつき

●口の乾き・口臭

●便秘・下痢

●動機・息切れ

●イライラ

●不眠

●疲労

●高血圧

 

 

【更年期・更年期症状とは?】

 

更年期とは閉経の前後10年間のことをいいます。

平均的に45才~55才あたりに更年期を迎えることが多いです。

閉経に近づくにつれ女性ホルモンの分泌が少なくなり、ホルモンバランスが崩れ自律神経も乱れやすく、それにともなって身体に出てくるさまざまな症状を総称して、更年期症状とよびます。

 

 

【更年期による肩こり・改善法

 

更年期による自律神経の乱れがストレス、不眠、不安感、神経質などを起こし、筋肉は常に緊張して硬くなり、普段の肩こりをよりいっそうがんこなものにしています。

このような状態では、患部のみを揉みほぐしてもすぐに元に戻ってしまいます。

また、全身の血液循環が悪くなっているので、揉み返しでさらにだるさが出たり、別の箇所に不調が出たりします。

 

もみじ部屋の整体では、患部の揉みほぐしの後は、全身をじっくりとゆるめます。

ゆるむ感じとは、温泉に浸かった時の『じわ~~』っと体中に染み渡る感じです。

全身の毛細血管を広げ、頭に上っていた血液を下げ全身へと送ります。

自律神経に働きかけながら全身を整え、最後にゆがみの調整をして仕上げます。

この方法により、本来の整った状態を脳と体に覚え込ませ、元に戻りにくくさせることができます。

 

 

更年期による肩こりは、もみじ部屋にお任せください。