· 

まだお子様が小さいママさんへ

先日、お子様と一緒にママさんがご来院しました。
(あ、もみじ部屋はベッド1台のみの完全個室ですので、お子様ご同伴も大歓迎でございます。)

 

 

 

施術が始まってからの親子の何気ないやりとり。

 

子 「マーマー、気持ちいいですか~?」

 

ママ 「気持ちいいよ~!」

 

 

 

暫くして

 

子 「マーマー、気持ちいいですか~?」

 

段々と意識が遠のくママさんの声も小さく

 

ママ 「ん…き、気持ちいいよ…」

 

 

 

また暫くして

 

子 「マーマー、気持ちいいですか~?」

 

ママさん、ついに落ちる

 

ママ 「……。」

 

 

 

すると、お子様は、反応が無いママさんを起こすかと思いきや、まるで安心したかのようにおとなしくゲームをするのでした。

 

 

かわいかったのでついパシャリ。

(※ママさんご快諾の上、掲載しております。)

 

 

その後は終始無言でしたが、お子様と僕との間に、何か信頼関係みたいなものを感じました。
本当に穏やかな時間、空間でした。

 

 

 

施術ももう仕上げ段階に入り、待っているお子様に僕は

 

僕 「もう少しだからねー待っててねー。」

 

すると!

 

子 「マーマー、まだ40分しか経ってませんよー。」

 

予想だにせぬ言葉に、わちゃわちゃする僕

 

僕 「え?え??ちゃんと60分やったよぅ。」

 

それを聞いたママさんが小声で僕に

 

ママ 「もっとゲームをやっていたいから、きっとあんな嘘をついているんですよ…」

 

 

 

その瞬間、僕はハッとしました。
お子様は、もっとママにゆっくり休んで欲しかったのではと。
そのためなら、まだ待っていられるよと。

 

そもそも、今までのこの穏やかに流れる時間、空間、どう考えてみても、お子様が「時間ちょろまかすなよ。」そんなことは言うはずもないのに、『僕はちゃんとやってる。』とか『ちゃんとやっていないと思われたくない。』そんな変な観念の方が先に頭によぎったことが、恥ずかしく思いました。
循環していた時間、空間を遮るようなことを言ってしまい、整体師として全然なっちゃいないなぁと思いました。

 

そんな僕の気持ちとは裏腹に、ママさんは満面の笑みで喜んでいるし、お子様には帰り際に、「ありがとうございました!!」なんて言われちゃうしで、カチカチ頭のおっさんは、穴があったら入りたいのでした。

 

改めて、子供ってすげーなーと思う今日この頃でございます。

 

 

 

ということで、
子育てでお疲れのママさん方、お子様同伴でのご来院は、大歓迎でございます。
wifiも完備しております。
お気軽にご来院くださいませ。
そして、カチカチ頭のおっさんに、どうか勉強させてやってください。(汗)